輩の意味とは?

「輩」は熟語でよく使われる言葉ですが、それ単体でも使われる言葉です。
輩は少々読みにくいですが、その意味は簡単です。

スポンサーリンク

輩の意味

輩は「やから」「ともがら」と読み、「同類」「仲間」「よくない連中」という意味の言葉です。

この言葉は悪い意味で使われることが多く、「不逞の輩(ふていのやから)」という表現もよく耳にします。
不逞は「勝手に振る舞うこと」という意味の言葉なので、不逞の輩は「勝手に振る舞う連中」という意味になります。

さらに、輩は熟語として使われることも多く、「先輩」「年輩」「朋輩(ほうばい)」「時輩(じはい)」など、多くの熟語に用いられています。
この場合は「はい」や「ばい」や「ぱい」と読みます。

輩の使い方

  • 夜中に騒いでいるがおり、迷惑している。
  • 表現の自由を振りかざし、ヘイトスピーチをするようなは非難されて当然だと思う。
  • いまだに飲酒運転をするもいるようだが、交通事故による死亡者数は確実に減ってきている。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。