デジャブの意味とは?

「デジャブ」は語感が良く、つい口に出して言いたくなるような言葉で、よく使われています。
デジャブはちょっと不思議な意味の言葉です。

スポンサーリンク

デジャブの意味

デジャブは「1度も体験したことが無いはずなのに、過去にどこかで体験したように感じること」という意味の言葉です。
デジャブはフランス語で「déjà-vu」と表記され、日本語では「既視感(きしかん)」と訳されます。

例えば、初めて訪れた国で前に1度来たことがあると感じることや、初めて読む本をどこかで読んだことがあると感じることなどが「デジャブ」です。

デジャブが起きる原因についてはまだハッキリと解明されておらず、過去の似たような体験を脳が関連付けているとする説や、前世の体験であるとする説など、多くの仮説が存在しています。
前世説はロマンがありますが、現実的には何らかの勘違いが原因である可能性が高いでしょう。

また、デジャブだと思っていたら、実際に過去に体験していたという勘違いもあるので注意が必要です。

ちなみに「デジャブ」はカタカナで「デジャヴ」や「デジャビュ」と表記されることもありますが、同じ言葉なので混乱しないようにしてください。

デジャブの使い方

  • 初めて訪れた国なのに、飛行機を降りた瞬間に強烈なデジャブを感じた。
  • つい最近発売された新刊を立ち読みしていたら、あるページでデジャブを感じた。
  • 初めてデジャブを体験したとを喜んでいたが、よく考えたら前に1度体験していた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。