微力ながらの意味と便利な使い方

微力ながらはビジネスシーンでよく使われる言葉ですから、その意味は正確に理解しておいた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

微力ながらの意味

微力ながらとは「僅かな力しかないが」「力およばずながら」という意味の言葉です。
この言葉は、自分の力を謙遜(けんそん)するときに使う言葉で、人に力を貸すときに前置きとして使われる言葉です。

微力ながらの使い方

  • 微力ながらお役に立ちたいと思っています。
  • 微力ながら尽力(じんりょく)するつもりでございます。
  • 微力ながら全身全霊で立ち向かう所存です!

この言葉を使うことによって、自分の力に対する期待値が高まりすぎるのを防ぐ効果が期待できます。
また、この言葉を使うことでハードルが下がるので、「微力ながら」と前置きしておいて、いざやり始めたらすごい力を発揮した場合などは評価が上がるかもしれません。

微力ながらの注意点

微力ながらは、自分を低く見せる表現で、日本らしくて良い言葉だと思いますが、使うと嫌味に聞こえる場合があるので注意が必要です。
例えば、明らかに自分の方が力量が優っている場合などに「微力ながら」と言ってしまうと、相手の力がものすごく低い印象を与えてしまいます。
このような場合には、素直に「力を貸します」と表現した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。