手前味噌の意味とは?

なんだかインパクトのある「手前味噌(てまえみそ)」という言葉。
由来を知ることによって、なぜこのような言葉が生まれたのかがよくわかります。

スポンサーリンク

手前味噌(てまえみそ)の意味とは

手前味噌は「自分で自分のことを誇る」という意味の言葉です。
「自慢(じまん)」や「自画自賛(じがじさん)」と同じ意味です。

「手前味噌ですが~」と前置きとして使うことにより自慢が嫌味に聞こえるのを軽減させることができます。
自分のことを誇らしく言うときには便利な言葉です。

手前味噌の由来

昔、味噌は自分の家で作ることが一般的で、昔の人はその味噌の味を自慢し合っていたことから出来た言葉だとされています。
「手前」とは「自分の」という意味の言葉なので、手前味噌の本来の意味は「自分の作った味噌」ということになります。

昔の人は自分の家で作った味噌の味を互いに自慢し合って楽しんでいたようですね。

手前味噌の使い方

  • 手前味噌で恐縮ですが、僕の受賞歴を紹介させていただきます。
  • 手前味噌になりますが、僕の妻は良くできた人なんです。
  • まさに手前味噌ですが、自家製の味噌がとても美味しいので是非食べてみてください。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。