代替の読み方と意味とは?

「代替」は読み方が1つではないため、やや混乱しやすい言葉です。
ここでは代替の読み方とその意味について解説していきます。

スポンサーリンク

代替の読み方

代替は「だいたい」または「だいがえ」と読みます。

本来は「だいたい」と読んでいたのですが、近年では「だいがえ」という読み方も一般的になっており、3割ほどの人が「だいがえ」と読んでいるようです。
言葉は変化していくものなので、現在では「だいがえ」という読み方も間違いとはいえないでしょう。
ちなみに、「代替え」と送り仮名が表記されている場合は「だいがえ」と読みます。

代替の意味

代替は「かわり」という意味の言葉です。
「代」も「替」も「かわり」という同じ意味を持つ漢字で、2つを合わせても「かわり」という意味になります。

「代替案」で「かわりの案」という意味になります。

代替の使い方

  • 電車が廃止され、代替として路線バスが運行を開始した。
  • 代替医療として鍼灸や漢方を試す。
  • 代替案がなかなか見つからない。

というように使います。

代替は「代替医療」や「代替案」などのように、別の単語にくっつけて使うことも多いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。