溺愛の意味をわかりやすく

「溺愛(できあい)」は少々読みにくく書きにくい言葉ですが、日常でも使われる言葉です。
溺愛はどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

溺愛の意味とは

溺愛は「むやみにかわいがること」という意味の言葉です。
詳しく言えば「相手を客観的に見ることができずに、盲目的にかわいがること」という意味です。
盲目的とは「理性的な判断が出来ないさま」という意味の言葉。
溺愛と同じ意味の言葉に「盲愛(もうあい)」という言葉がありますが、この言葉に使われている文字は「盲目的」の「盲」です。

要するに、理性を失うほどめちゃくちゃにかわいがることを「溺愛」や「盲愛」というのです。

溺愛を漢字で見てみると、「溺」は「心を奪われ、他をかえりみない」という意味をもっており、「愛」は「かわいがる」という意味をもっています。
したがって、これらの漢字を合わせた「溺愛」という言葉は「むやみにかわいがる」という意味を持ちます。

溺愛の使い方

  • 例えで「孫は目の中に入れても痛くない」というが、わたしの父親は初孫を溺愛しており、本当に目の中に入れることができそうな程だった。
  • 両親から溺愛されて育った私は、自分でもわがままで傲慢な性格をしていると思う。
  • ペットショップで一目ぼれをした犬を家に連れて帰り、厳しくしつけるつもりが、気が付いたら溺愛していただけだった。
  • 友人の田中の趣味は熱帯魚の飼育で、傍からみると不気味なくらいに溺愛している。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。