ロケーション(location)の意味とは?

「ロケーション(location)」はTV業界でもよく使われており、耳にする機会が多い言葉です。
ロケーションの意味は1つではないので、ここではそれぞれの意味について簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

ロケーション(location)の意味

ロケーション(location)は2つの意味を持っている言葉です。

1つ目は「場所」「位置」という意味。
「お店のロケーションが良い」というような場合はこの意味です。
駅に近かったり、周りの景色が良かったりなどで、お店の場所や位置が良い、つまり「お店の立地条件が良い」や「お店からの眺めが良い」という意味になります。

2つ目は「野外撮影」という意味です。
この意味で使われる場合は「ロケ」と略されることも多く、TVでタレントさんが「ロケに行ってきた」という場合は「野外撮影に行ってきた」という意味になります。

このようにロケーションには2つの意味があるので混乱しないようにしましょう。

ロケーション(location)の使い方

<場所や位置という意味>

  • 駅から徒歩3分と、素晴らしいロケーションのマンションだったが価格が高すぎたので断念した。
  • 売り上げが悪いので、専門家に相談したら店のロケーションが悪いとのことだった。

<野外撮影という意味>

  • 近所でドラマのロケーションが行われていたので、見に行ってきた。
  • 今度、僕の住んでいるマンションがCMのロケに使われるようなので、すごく楽しみだ。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。