リリック(lyric)の意味とは?

「リリック(lyric)」はそれほどよく耳にする言葉ではありませんが、音楽の分野ではよく使われている言葉です。
リリックはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

リリック(lyric)の意味

リリック(lyric)は「叙情詩(じょじょうし)」「歌詞」という意味の言葉です。
叙情詩は「作者の感情を表現した詩」のことで、代表的な作家としては中原中也(なかはらちゅうや)などが挙げられます。
我々が目にするほとんどの詩はこの叙情詩です。

もともと「リリック」という言葉は「叙情詩」という意味で使われていましたが、ここから派生し、現在では「歌詞」という意味でも使われています。
日本ではリリックは「歌詞」という意味で使われることが多いです。

特にヒップホップの世界では「歌詞」のことを英語で「リリック」と表現することが多いですね。

リリック(lyric)の使い方

  • リリックの反対語はエピック(叙事詩)であり、これは「歴史や英雄などについてうたった詩」のことである。
  • フリースタイルで活躍している僕の好きなラッパーは、即興とは思えないほどにリリックが素晴らしいのだ。
  • 念願が叶って有名アーティストに僕のリリックを使ってもらえた。
  • プロモーションの一環としてリリックビデオ(歌詞が表示されるミュージックビデオ)を動画サイトにアップすることにした。

というように使います。
1番上だけ「叙情詩」という意味で使っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。