ラフ(rough)の意味とは

「ラフ(rough)」は様々な場面で使われている言葉で、その意味は1つではありません。
ここではラフの意味をわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

ラフ(rough)の意味とは

ラフ(rough)には主に3つの意味があります。

1つ目は「表面がざらざらしているさま」という意味。
この意味では「ラフな手触り」というように使われます。

2つ目は「荒っぽいさま」という意味。
この意味では「ラフなプレー」というように使われます。

3つ目は「大まかなさま」「くだけたさま」という意味。
この意味では「ラフな服装」というように使われます。

3つは全て形容詞として使われていますが、これ以外にゴルフで「ラフ」といった場合は「フェアウェーの外側の手入がされていない地帯」という意味で名詞として使われます。

このようにラフ(rough)は色々な意味を持っている言葉なので、その場面に合わせて意味を考える必要があります。

ラフ(rough)の使い方

<表面がざらざらしているさまという意味>

  • 部屋の壁紙をラフでシックな素材に変更してみたところ、部屋に落ち着きが出て良い雰囲気になった。
  • 安物のバスタオルを購入してみたが、ラフな手触りで水も吸い取りにくいので、雑巾にすることにした。

<荒っぽいさまという意味>

  • ラフなプレーを繰り返していたサッカー選手が、ついにレッドカードをもらった。
  • 引っ越し業者にラフに扱われたせいで、お皿が割れてしまった。

<大まかなさま、くだけたさまという意味>

  • これから山登りに行くというのに、友人はTシャツにサンダルという非常にラフな格好で現れた。
  • ラフな地図をもとに山を登っていたら、道に迷って遭難した。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。