マイスターの意味とは?

「マイスター制度」という言葉でも馴染みのあるマイスターという言葉。
どのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

マイスターの意味とは

マイスター(meister)はドイツ語で、「親方」「名人」「主人」「巨匠(きょしょう)」という意味の言葉です。
英語の「マスター(master)」やイタリア語の「マエストロ(maestro)」と同じ意味です。

「マイスター」も「マスター」も「マエストロ」も同じ意味の言葉ですが、日本で使われる場合は「マイスター」は「親方・名人」、「マスター」は「主人」、「マエストロ」は「巨匠」という意味で使われることが多いです。

例えば、「マイスターの称号」と言えば「親方級・名人級の称号」、「喫茶店のマスター」と言えば「喫茶店の主人」、「音楽界のマエストロ」と言えば「音楽界の巨匠」という意味になります。

前述の「マイスター制度」はドイツの職能訓練制度のことで、伝統的な手工業の技術を次の世代に伝えるための制度です。
この制度では最上位の職人のことを「マイスター」と呼び、マイスターのもとで修業し、試験を受けて自身がマイスターにならなければ独立開業が認められません。

このような制度は日本でも注目されており、マイスター制度の概念を取り入れる企業も増えているため、日本でもマイスターという言葉をよく耳にするようになりました。

マイスターの使い方

  • ドイツでは大工や電機工など41業種で、独立開業のためにマイスター資格が必要である。
  • ドイツのホームステイ先が大工のマイスターの家だったので、半年の間にドイツ語と同じくらい大工仕事が上手くなった。
  • 18才で時計作りの道を歩みだし、20年後にようやくマイスターの称号を得ることができた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。