マイナーの意味とは?

「マイナー(minor)」は英語ですが、日本でも良く使われている言葉です。
マイナーの意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

マイナーの意味とは

マイナーは2つの意味を持っています。

1つ目は「規模が小さく、重要度が低いさま」という意味。
2つ目は「あまり知られていないさま」という意味です。

マイナーの反対語は「メジャー」で、これは「規模が大きく、重要なさま」や「有名なさま」という意味の言葉です。

アメリカのプロ野球はメジャーリーグとマイナーリーグに分けられていますが、あれは1つ目の意味で「規模が大きいリーグ」と「規模が小さいリーグ」という意味です。
ちなみにリーグは「競技連盟」という意味。

2つ目の「あまり知られていないさま」という意味では「マイナーな作家」や「マイナーな話」というように使います。

2つの意味は似ていますが、ニュアンスが異なるので混同しないように注意しましょう。

マイナーの使い方

<規模が小さく、重要度が低いさまという意味>

  • マイナーリーグで長年頑張ってきた選手が、メジャーリーグに昇格し、一躍スター選手になった。
  • ベンツのCクラスがマイナーチェンジをしたことによってさらに魅力を増した。

<あまり知られていないさまという意味>

  • ずっとファンだったマイナーな小説家が有名な賞を受賞したことによってメジャーになった。
  • クリケットをマイナーなスポーツだと思っていたのだが、イギリスでの盛り上がり方をみて、考えが変わった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。