妥当の意味とは?

「妥当(だとう)」は日常的に使われており、よく耳にする言葉です。
ここでは妥当の意味をわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

妥当の意味とは

妥当は「実情によく当てはまっており、適切であること」という意味の言葉です。

「妥当な方法」という場合は「実情によく当てはまっており、適切な方法」、つまり「無理がなくてしっくりくる方法」という意味になります。

漢字でみると「妥」は「穏やかに落ち着く」や「事がおさまる」、「当」は「あてはまる」という意味を持っている言葉です。
よって、2つを合わせると上記のような意味になります。

妥は「妥協」という熟語にも使われていることから、妥当も「ある程度当てはまる」というニュアンスで捉えられがちですが、妥当は「ピッタリと当てはまっているさま」を表す言葉です。
「ある程度当てはまっているさま」という意味では「穏当(おんとう)」という言葉が使われます。

妥当の使い方

  • 納得いかないかもしれないが、少年法を適用すれば今回の判決は妥当なものになる。
  • じっくり説明を聞いてみると妥当な線だと納得させられた。
  • ライバルの案は妥当性に欠けていたので、僕の案が採用された。

というように使います。
妥当は「妥当性(だとうせい)」という使い方もよくされます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。