ディスカバリー(discovery)の意味とは?

「ディスカバリー(discovery)」はアメリカの有名なドキュメンタリー番組の名前にも使われている言葉ですが、その意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

ディスカバリー(discovery)の意味とは

ディスカバリー(discovery)は「発見」「発見物」という意味の言葉です。

前述のアメリカの有名なドキュメンタリー番組とは「ディスカバリーチャンネル」のことで、この番組の視聴世帯数はなんと4億5千万世帯です。
今まで知らなかったことを発見できるような番組なので「ディスカバリー」という言葉を冠したようです。

また、ディスカバリー(discovery)は船の名前として使われることが多く、大航海時代の探検船から、現在のクルーズ船に至るまでディスカバリーという名前の船は多く存在します。
さらにディスカバリー(discovery)という名前のスペースシャトルまであり、いずれも「発見」が探検にとって良い意味であることから用いられています。

ディスカバリー(discovery)の使い方

  • ディスカバリーチャンネルは世界最大のドキュメンタリー番組である。
  • チャレンジャーの爆発事故以後に初めて打ち上げられたスペースシャトルがディスカバリーだったので、その打ち上げの瞬間はとても緊張した。
  • 車が欲しかったのでランドローバーのディスカバリーを購入した。

というように使います。
上記のように日本では何かの名称として使われることが多いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。