タイムリーの意味をわかりやすく

「タイムリーヒット」という聞きなれた言葉にも使われているタイムリーという言葉。
簡単な意味の言葉です。

スポンサーリンク

タイムリーの意味とは

タイムリーは「タイミングの良いさま」「好都合なさま」という意味の言葉です。

前述の「タイムリーヒット」は日本語で「適時打(てきじだ)」とも訳されており、ランナーが生還し、得点が入るヒットのことです。
ランナーが塁(るい)にいる状態でタイミング良く打つヒットなので「タイムリーヒット」と呼ばれています。
このタイムリーヒットを略して「タイムリー」という場合も多いです。

反対に、相手チームの得点に結びつくようなエラーを「タイムリーエラー」といいます。
これも相手のチームからすればタイミングが良く好都合なエラーなので「タイムリーエラー」と呼ばれています。
ただし、タイムリーエラーを略して「タイムリー」とはあまり言いません。

このように、野球で使われることが多い「タイムリー」という言葉ですが、野球以外でも使われているので、以下で紹介します。

タイムリーの使い方

<野球以外での使い方>

  • 社会人になってから会わなくなった友達の話題で盛り上がっていたら、タイムリーなことにその友達から電話がかかってきた。
  • 食品売り場の陳列は単に並べておけば良いというものではなく、客層に合わせたタイムリーな陳列が求められる。
  • タイムリーな話題をいち早く取り上げる情報番組をよく観ている。

<野球での使い方>

  • 代打の田中がタイムリーヒットを放ちました!
  • ここでタイムリーが出て追加点となると巨人は苦しくなります。
  • なんと田中が痛恨のタイムリーエラー!

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。