チープ(Cheap)の意味とは?

「チープ」という言葉は日本ではあまり良い意味では使われませんが、海外では必ずしもそうとは限りません。
ここではチープの意味をわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

チープ(Cheap)の意味

チープ(Cheap)は「安い」「安っぽい」という意味の言葉です。

海外では「安っぽい」という意味の他にも「物の値段が安くてラッキー」というような良い意味で「チープ(Cheap)」が使われますが、日本語ではチープというと「安っぽい」という意味になり、良い意味では使われません。
「安っぽい」は「質が悪く、いかにも安物の感じがする」や「品が悪く、軽々しい」という意味の言葉です。

日本で「チープな車」や「チープな服」などという場合は全て侮蔑的(ぶべつてき)な表現です。
「安っぽい車」や「安っぽい服」という意味になります。

また、「チープな発想」や「チープなセリフ」など、チープは物以外のことを表すときにも使われます。

チープ(Cheap)の使い方

<物に対して使う場合>

  • 友達が新車を買ったのだが、プラスチックで出来ているようなチープな車だった。
  • 初めて自分で作った洋服のチープさには自分でも驚いてしまった。
  • 中国旅行に行ったとき、とんでもなくチープなゲーム機を買ってみたのだが、案の定、翌日に壊れた。

<物以外に対して使う場合>

  • 彼の話はほとんどがワイドショーから得た情報をもとにしているようなので、とてもチープな印象を受ける。
  • 2代目社長のチープな考えに引きずられるようにして経営方針を決定してきた結果、わが社は倒産することになってしまった。
  • とてもいい雰囲気だったのに、彼のチープなセリフのせいで一気にさめてしまった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。