スパン(span)の意味とは?

「スパン(span)」は、よく使われている言葉で、意味はいくつかあります。
いずれの意味も簡単です。

スポンサーリンク

スパン(span)の意味とは

スパン(span)には3つの意味があります。

1つ目が「期間」という意味で、一般的にはこの意味で使われることが最も多いです。
2つ目は「支柱間の距離」という意味。
3つ目は「翼端(よくたん)から翼端までの長さ」という意味です。

いずれも、何らかの間隔の長さを表しています。

期間は「機関」や「帰還」や「器官」など、同じ読み方の言葉が多いことから誤解を避けるために「スパン」と言われることも多く、また、「支柱から支柱の距離」や「翼端から翼端までの長さ」というよりも「スパン」の方が短くて言い易いことから、スパンという言葉はよく使われています。

スパン(span)の使い方

<期間という意味>

  • もう少し長いスパンで考えていただきたい。結論を出すにはまだ早すぎます。
  • 社長は数十年単位のスパンで物事を考えている。

<支柱間の距離という意味>

  • 普通の電線に比べると、高圧電線のスパンはとても長くなる。
  • その橋のスパンはとても短く、船で通るときは注意が必要だ。

<翼端から翼端までの長さという意味>

  • 「ボーイング777」のスパンはおよそ60メートルである。
  • スパンが最短の航空機は「ビードBD-5」で、その長さは4メートルちょっとである。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。