ソリッド(solid)の意味をわかりやすく

ソリッド(solid)は色々な意味で使われている言葉です。
ここではソリッド(solid)の意味をなるべくわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

ソリッド(solid)の意味とは

ソリッド(solid)は「固体」または「堅固(けんこ)であるさま」「硬質(こうしつ)であるさま」「密であるさま」という意味を持つ言葉です。

音楽の分野でよく使われている「ソリッドな音」という表現は、「硬質な感じを受ける音」というような意味です。
ちなみにギターの構造を表すときに使う「ソリッドボディ」とは「内部に空洞が少なく、密になったボディ」という意味の言葉です。

ソリッド(solid)は英語圏で使われる場合にはとても多くの意味を持ち、「絶え間ない」や「カッコいい」、「頭の鈍い」などの意味も含まれますが、日本では主に上記の意味で使われています。

ソリッド(solid)の使い方

<固体という意味>

  • 海外では飛行機に液体を持ち込みにくいようなので、化粧品を全てソリッドタイプのものに変更した。
  • 液体のまま運送するとコストがかかるので、水分を抜き、ソリッドにして運ぶことでコストを大幅に減らすことができる。
  • ソリッドは物質的に最も安定した状態で、最も不安定な状態は気体である。

<堅固であるさまという意味>

  • 田中君はソリッドな精神を持っているため、ちょっとやそっとのことで挫けたりしない。
  • 北条氏の小田原城はとてもソリッドな城だったらしいが、結局、秀吉の大軍勢を前に降伏せざるを得なかったようだ。
  • 地元で国際的な会議が開かれることになり、ソリッドな警備体制が敷かれた。おかげて自由な移動が制限されたが、テロを未然に防ぐためなら些細(ささい)なことだ。

<硬質であるさまという意味>

  • 彼のギターサウンドは当時のニューウェーブの影響を感じさせるソリッドなもので、僕の好みだ。
  • モノクロでソリッドな都市の風景画を得意としている画家が個展を開くそうなので、足を運んでみようと思う。
  • 多量の硫黄(いおう)を加えてゴムを作ると、普通のゴムよりもソリッドなゴムを作ることができ、このようなゴムのことを硬化ゴムという。

<密であるさまという意味>

  • 楽器店の店主が言うには、ソリッドボディのギターは空洞が少なく、頑丈で剛性がとても高いのが特徴、とのことだった。
  • 物を運搬する際には、圧縮できるものはなるべく圧縮してソリッドにした方が、運搬効率があがる。
  • 僕は人混みが苦手で、人が集まるソリッドな場所に行くと人酔いをしてしまう。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。