ジェラシー(jealousy)の意味とは?

ジェラシーを感じた経験は誰にでも1度はあると思います。
ジェラシーの意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

ジェラシー(jealousy)の意味とは

ジェラシー(jealousy)は「嫉妬(しっと)」「やきもち」という意味の言葉です。
嫉妬した時や、やきもちを焼いたときに「ジェラシーを感じる」と表現することが多いです。

ジェラシーを感じるケースは2パターンあり、1つは「好きな人の興味が他の人へ移った場合」です。
例えば、恋人が他の誰かと仲良くしているのを見た時に抱くような気持ちですね。
もう1つは「自分よりも優れている人を恨んだり憎んだりした場合」です。
例えば、自分は異性にモテないのに友人はモテモテだった時に抱くような気持ちですね。
どちらの場合も「ジェラシーを感じる」と表現します。

また、最近では「ジェラシーを感じる」を意味する「ジェラる」という若者言葉も生まれています。
意味を知っておくと、若者の嫉妬心を敏感に察知することができるかもしれません。

ジェラシーとジェラるの使い方

<ジェラシーの使い方>

  • 彼女が男友達と楽しそうにしゃべっているのを見て、ジェラシーを感じた。
  • どうやら彼がジェラシーを感じてスネているらしい。

<ジェラるの使い方>

  • どうやら彼女がジェラっているらしいのだが、原因が分からないので謝りようがない。
  • 昔はすぐにジェラったものだが、僕も大人になり、そうそうジェラることは無くなった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。