ご愛顧の意味とは?

「ご愛顧(ごあいこ)」は挨拶などで使われることが多い言葉ですから、しっかりと意味を理解しておいた方が良いでしょう。
意味や使い方は簡単です。

スポンサーリンク

ご愛顧の意味

ご愛顧(ごあいこ)は「目をかけ引き立てること」という意味の言葉です。
簡単にいえば「かわいがること」という意味で、「贔屓(ひいき)」と同じ意味です。

例えば「ご愛顧いただく」で「目をかけ引き立てていただく」、つまり「かわいがっていただく」という意味になります。
よく耳にする「ご愛顧いただきありがとうございます」は「かわいがっていただいてありがとうごさいます」という意味ですね。

「愛顧」は「ひいきにする」「目をかける」という意味で、これに「ご(御)」を付けた言葉が「ご愛顧」です。
「ご(御)」が付いているので尊敬語となります。
したがって、「ご愛顧」は相手が使う言葉で、自分が使う言葉ではないという点に注意が必要です。
「ご愛顧させていただく」という表現は誤りということですね。

ご愛顧の使い方

<感謝の気持ちを表す場合>

  • 常日頃、ご愛顧いただいている皆さまを特別にご招待させていただきます。
  • ここまで来られたのも、ひとえに皆様のご愛顧によるものと深く感謝しております。
  • 本日を持ちまして閉店させていただきます。長らくのご愛顧ありがとうございました。

<これからの引き立てをお願いする場合>

  • これからもご愛顧のほどをよろしくお願いいたします。
  • 皆様からの変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。
  • 今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。