貢献の意味、類語をわかりやすく

「社会貢献(しゃかいこうけん)」という言葉でも馴染みのある「貢献」という言葉。
どのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

貢献の意味とは

貢献(こうけん)は「力を尽くして、良い結果をもたらすこと」という意味の言葉です。

例えば「最も貢献した人物」で「最も力を尽くして良い結果をもたらした人物」という意味になります。
よく聞く「社会貢献」は「社会のために尽力して良い結果をもたらすこと」という意味の言葉です。
「力を尽くす」は「持てる力を全て出すこと」という意味なので、「貢献する」のはなかなか大変なことのようですね。

また、いくら力を尽くしても良い結果につながらなければ「貢献」したことにはならないので、貢献する際は独りよがりにならないように注意しましょう。

貢献の類語

貢献の類語として代表的な言葉に「寄与(きよ)」があります。
辞書には貢献の意味の説明に「寄与」と書かれている場合もあるので、貢献と寄与は同じ意味の言葉としてとらえても問題ないでしょう。

貢献の使い方

  • 自分なりにできることを精いっぱい行って、社会貢献していくつもりです。
  • 明日の試合までに最高のコンディションにして、チームに貢献しようと思う。
  • わが社への貢献度が高いため、来月から君の給料をアップしよう。

というように使います。
貢献は3つ目のように「貢献度」という使われ方も多く、これは「貢献の度合」という意味です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。