ぐだぐだの意味とは?

「ぐだぐだ言うな」というように使われる「ぐだぐだ」という言葉。
意味はわかりやすいです。

スポンサーリンク

ぐだぐだの意味

ぐだぐだには2つの意味があります。

1つ目は「つまらないことを長々と話すこと」という意味。
こちらは「くどくど」と同じ意味です。
「ぐだぐだした話」という場合はこの意味です。

2つ目は「やる気がなく、しまりのないこと」という意味。
こちらは「だらだら」と同じ意味です。
「ぐだぐだした毎日」という場合はこの意味です。

「ぐだぐだ」は「くどくど」「だらだら」の2つの意味を持っている、と理解するとわかりやすいでしょう。

ちなみにインターネット上ではぐだぐだを「gdgd」と表記することもあります。
ぐだぐだのローマ字表記「gudaguda」の略ですね。

ぐだぐだの使い方

<くどくどという意味>

  • 朝礼で校長先生がぐだぐだと話していると、眠くなってしまう。
  • 君の話は、まとまりが無くてぐだぐだしているから聞いていられないよ。

<だらだらという意味>

  • 休日はぐだぐだと過ごすことが多い。
  • ぐだぐだした生活が嫌で、色々と試してみた結果、ぐだぐだの日常を抜けだすことに成功した。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。