希有の意味、読み方をわかりやすく

「希有」という言葉には簡単な漢字が使われていますが、その読み方はやや難しいです。
ここでは希有の意味や読み方をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

希有の読み方

希有は「けう」と読みます。

ただし、基本的には「けう」ですが「きゆう」と読む場合もあり、「希有金属」などは「きゆうきんぞく」と読みます。
希有金属は珍しい金属のことで「レアメタル」ともいいます。

また、これ以外でも希有を「けう」ではなく、「きゆう」と読む人もいるので、この辺りは柔軟に捉えたほうが良いでしょう。

希有の意味

希有は「とても珍しいこと」という意味の言葉です。

希有にはこのほかにもいくつか意味がありますが、現代で使われている主な意味は「とても珍しいこと」です。

また、希有は「稀有」と表記される場合もあります。
どちらの字を使っても間違いではありませんが、よく使われるのは「希有」です。

希有の使い方

  • 希有な出来事に遭遇し、とても驚いた。
  • 長年、弁護士をしているが、今回は希有な事例だ。
  • プラチナは希有金属の一種である。

というように使います。

全て「とても珍しいこと」という意味で使っていますが、前述のように上の2つは「けう」、3つ目は「きゆう」と読みます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。