驕りの意味や使い方とは?読み方も解説

驕り

「驕り高ぶる」などのように使う「驕り」という言葉。

読みにくく、似た言葉もあるため、混乱しやすいかもしれません。

この記事では「驕り」の読み方や意味や似た言葉などについて、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

驕りの読み方

「驕り」は訓読みで「おごり」と読みます。
「驕り」は「傲り」と書く場合もあり、読み方や意味はどちらも同じで、表記が違うだけの同じ言葉です。

ただし「奢り(おごり)」と書く場合は、読み方は同じですが意味が異なる別の言葉ですので、混同しないようにしましょう。

驕りの意味

「驕り」は「いい気になること」や「思い上がり」という意味の言葉です。
いい気になって思い上がり、わがままに振舞うことなどを言います。

「驕り高ぶる」で「思い上がって偉そうな態度をとる」という意味になります。

同音異義語の「奢り」は「自分のお金で人にごちそうすること」という意味の全く別の言葉なので、混同しないようにしましょう。

驕りの使い方

  • 出世した同僚の態度に驕りが見えるようになった。
  • 驕り高ぶった人間の振る舞いが神の怒りに触れる。
  • 自らの驕りが周囲の反発を招く。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。