怠るの意味や読み方とは?

怠る

「注意を怠る」などのように使う「怠る」という言葉。

「怠る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「怠る」の意味や読み方などについて、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

怠るの読み方

「怠る」は、訓読みで「おこたる」と読みます。
同じ漢字の「怠ける」は訓読みで「なまける」と読み、意味はどちらもほとんど同じです。
送り仮名で読み方を判断するとよいでしょう。

ちなみに「怠い」と書くと、訓読みで「だるい」と読みます。

怠ると怠けるの意味

「怠る」は「するべきことをしない」という意味の言葉です。

「注意を怠る」で「注意するべきなのに注意しない」という意味になります。

「怠ける」は「怠る」と同様に「するべきことをしない」という意味を持つ言葉ですが、「ズルをする」や「真面目に働かない」などの意味が強い印象です。

この他、「怠る」には「病気がよくなる」「過ちを犯す」「休む」、「怠ける」には「元気がなくなる」などの意味もありますが、一般的には上記のように「するべきことをしない」という意味で使うことがほとんどです。

怠るの使い方

  • 奨学金をもらっておいて、学業を怠ることは許されない。
  • 日々の鍛錬を怠るべからず。
  • 注意を怠ると、後で痛い目にあうかもしれない。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。