凱旋(がいせん)の意味とは?

「なでしこジャパンが凱旋帰国」などのように使われる「凱旋」という言葉。
ニュースで見る機会が多い言葉です。

スポンサーリンク

凱旋の意味とは

凱旋(がいせん)とは「戦いに勝利し、帰ってくること」を意味する言葉です。
転じて「成功して帰郷(ききょう)すること」という意味でも使われています。
帰郷は「ふるさとへ帰る」という意味の言葉です。

「有名ロックバンドが凱旋ライブ」などの使われ方もよく目にしますが、これは「有名になったロックバンドが地元に帰ってライブを行う」という意味です。
凱旋ライブは自分を育ててくれた地元やライブハウスへの恩返しの意味があります。

また、フランスのパリに凱旋門(がいせんもん)という有名な門がありますが、これはナポレオンが戦争に勝った記念に建設したものですので、凱旋門の「凱旋」は「戦い(戦争)に勝利し、帰ってくること」という意味です。

凱旋の使い方

  • 戦に勝ち、凱旋パレードを行った。
  • 甲子園の優勝高校が地元へ凱旋した。
  • 著名人が凱旋し、講演を行った。

というように使います。

1つ目と2つ目は「戦いに勝利し、帰ってくること」という意味、3つ目は「成功して帰郷すること」という意味で使っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。