レボリューション(revolution)の意味とは?

「レボリューション(revolution)」はよく耳にする言葉で、「エボリューション(evolution)」と似ていますが、意味は異なります。

スポンサーリンク

レボリューション(revolution)の意味

レボリューション(revolution)は「革命」「大変革」を意味する言葉です。
革命や大変革は「社会構造を大きく変える」という意味を持っている言葉。
社会に対して大変なインパクトがあることを指します。

代表的なものが「産業革命」です。
産業革命により飛躍的に生産性が上がり、我々はそれ以前と比べて格段に豊かな社会を手に入れることができました。
ちなみに産業革命を英語で書くと「 Industrial Revolution」です。
Industrial (インダストリアル)は「産業の」という意味の言葉。
産業革命はまさに革命的なインパクトを社会に与えた出来事でした。

レボリューション(revolution)の使い方

  • レボリューションを起こすような人物になってみせる。
  • 僕はT.M.Revolutionの大ファンです。
  • ビートルズの曲ではレボリューションが1番好き。

というように使います。

T.M.Revolutionは日本の有名なアーティストで、本名は西川貴教(にしかわたかのり)といいます。
T.M.RevolutionはTakanori Makes Revolution(貴教が革命を起こす)という意味の言葉の頭文字をとったもの。
確かにT.M.Revolutionはとても有名になり、インパクトもありましたが、レボリューション(革命)と言えるほどでは無かったですね。
レボリューションと言うからには、社会に対してものすごいインパクトが必要になるのです。

また、レボリューションと似た言葉にエボリューションという言葉もあり、意味が異なるので注意が必要です。
エボリューションの意味はこちら。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。