エボリューション(evolution)の意味とは?

エボリューション

「エボリューション(evolution)」は「レボリューション(revolution)」と似た意味の言葉ですが、その意味は何でしょうか?

この記事では「エボリューション」の意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

エボリューション(evolution)の意味

エボリューション(evolution)は「進化」「発展」または「進化論」という意味の言葉です。
「進化論」はチャールズダーウィンが唱えた説として有名で、現存の様々な生物は単純な原子生物から進化してきた、とする考え方です。
ちなみに進化論の反対は「創造論(creationism)」。
創造論とは、神様が全ての生物を創った、とする考え方です。

エボリューション(evolution)はその意味から、日本では商品の名前に付けられることが多いです。
例えば三菱自動車の「ランサーエボリューション」。
これは略して「ランエボ」とも呼ばれ、ランサーという車をベースにしたスポーツモデルの車で、車名の意味は「ランサーを進化させた車」となります。
また、映画のタイトルや音楽作品のタイトルとしても「エボリューション」という言葉は多く使われています。

エボリューション(evolution)の使い方

  • ランサーエボリューションほどの名車は見たことがない。
  • 浜崎あゆみの曲ではエボリューションが1番好き。
  • アメリカに行ってエボリューション(プロレス団体の名前)を観てきたぜ。

などのように使います。

日本では上記のように商品名や団体名として使われることが多いです。

また、「エボリューション」と似た言葉に「レボリューション」という言葉もあり、意味が異なる別の言葉なので注意が必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。