インサイドの意味とは?

インサイド

スポーツなどでよく使う「インサイド」というカタカナ語。
英語の「inside」に由来する言葉です。

スポーツ中継で耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

この記事では「インサイド」の意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

インサイドの意味

インサイドは「内側」「内部」という意味の言葉です。

特にテニスやバレーボールなどでは「コートの境界線の内側。または、そこにボールが落ちること」 という意味で使われます。
この意味では「インサイド」を略して「イン」ということも多いです。
反対語は「アウトサイド」で、略して「アウト」と言うことが多いです。

また「インサイド」は、野球では「ストライクゾーンのうち、打者に近い方の角」という意味で使います。
これは「インコーナー」や「内角(ないかく)」と同じ意味です。
反対語は「アウトサイド」「アウトコーナー」「外角(がいかく)」です。

インサイドの使い方

  • 足の内側で蹴ることをインサイドキックという。
  • ボールは確実にインサイドだったのに、審判の誤審で得点にならなかった。
  • インサイドを厳しく攻めるピッチャー。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。