いわばの意味とは?例文もご紹介

いわば

「いわば、○○である」などのように使う「いわば」という言葉。
漢字で書くと「言わば」または「謂わば」となります。

「いわば」は、意味や使い方が少し難しい言葉です。

そこで、この記事では「いわば」の意味や使い方のほか、例文もご紹介して解説していきます。

「いわば」の意味を知り、適切に使いこなせるようになりましょう。

スポンサーリンク

いわばの意味

「いわば」は「たとえて言えば」「言ってみれば」という意味の言葉です。

たとえを示したり言い換えたりして、わかりやすく言うときに使います。

例文としては「就職の世話をしてくれた先生は、いわば命の恩人である」などのようになります。
これは、実際に命を救ってもらったわけではないが、先生にはそれくらい救われたし、感謝していることを「命の恩人」というたとえで表現している文章です。

「いわば」は「いわば○○」のように、たとえの前に使います。

いわばの使い方・例文

  • ボクシングは、いわば生死をかけた戦いである。
  • 新しい治療法の安全が十分に確保されておらず、いわば患者は実験台にされたようなものだ。
  • 幼い頃から叔父と過ごすことが多く、僕にとって彼はいわば育ての親とでも言うべき存在だ。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。