アベレージ(Average)の意味をわかりやすく

アベレージ(Average)は特にスポーツの分野でよく使われている言葉です。
その意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

アベレージ(Average)の意味とは

アベレージ(Average)は「平均」という意味の言葉で、野球では「打率」という意味でも使われています。
アベレージはスポーツの分野で使われることが多く、「アベレージが高い」といった場合は「得点の平均が高い」という意味です。
具体的には90点を1回、100点を1回、110点を1回出した場合のアベレージは100点ということになります。

アベレージ(Average)の使い方

  • 初めてやったボウリングで、アベレージ60という悲惨な結果を叩きだしてしまった。
  • アベレージゴルファーを脱するために日々、練習をしている。
  • バッティングアベレージがとても高く、好調なイチロー選手。

というように使います。

上の2つは「平均」という意味で使っており、アベレージゴルファーとは「平均的な成績のゴルフプレイヤー」という意味の言葉です。

また、バッティングアベレージは「打率」という意味の言葉で、単に「アベレージ」と略して使われることもあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。