卑しいの意味や読み方とは?

卑しい

「お金に卑しい人」などのように使う「卑しい」という言葉。

「卑しい」には複数の意味があるため、それぞれの意味を知らないと混乱するかもしれません。

この記事では「卑しい」の、それぞれの意味について分かりやすく解説していきます。

「卑しい」の意味を知り、適切に使い分けられるようにしましょう。

スポンサーリンク

卑しいの読み方

「卑しい」は「いやしい」と読みます。
「卑しい」は「賤しい」や「賎しい」と書く場合もありますが、読み方はいずれも「いやしい」で、意味は同じです。

「卑しい」と「賤しい」と「賎しい」は、いずれも認められている表記であり、誤用ではありませんが、一般的には「卑しい」と表記されることが多いです。

卑しいの意味

「卑しい」の意味は主に四つあります。

一つ目は「意地汚い」という意味。
お金や食べ物などに貪欲でガツガツしており、つつしみがないさまを表します。
「お金に卑しい」とは、簡単にいうと「すごくケチ」ということです。

  • 使い方:「酒に卑しい男」「金に卑しい友人」

二つ目は「下品である」という意味。
洗練されておらず、品が悪いさまを表します。
「卑」という漢字は「心が下劣」という意味を持ちます。

  • 使い方:「卑しい話し方の男」「根性が卑しい友人」

三つ目は「身分や社会的地位が低い」という意味です。
この意味では時代劇などで使うことが多い印象です。

  • 使い方:「卑しい身分」「卑しい家柄」

四つ目は「貧しい」「みすぼらしい」という意味。

  • 使い方:「卑しい服装の男」「卑しい身なりの人物」

卑しいのまとめ

以上のように「卑しい」には多くの意味があるので、前後の文脈から意味を判断するようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。