一騎当千の意味とは?

一騎当千

人気漫画のタイトルにもなった「一騎当千」という四字熟語。
古くは「いっきとうぜん」とも読みましたが、現在では「いっきとうせん」と読むのが一般的です。

皆さんは「一騎当千」の意味をご存知でしょうか?

なんとなく意味を理解している方も多いと思うので、この記事では「一騎当千」の意味や使い方について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一騎当千の意味

一騎当千(いっきとうせん)は「一騎(=馬に乗った一人の武者)で千人の敵を相手にできるほど強いこと」という意味の四字熟語で、転じて「人並外れた能力や経験などを持っていること」という意味でも使います。

実際に千人の敵を一人で相手することは不可能ですから、この四字熟語はあくまでも喩えです。
千人を相手にできるほどの強者ということですね。

人並外れた能力や経験などについて言う場合も、あくまでも一人で千人に値するほど優れている、という喩えです。

一騎当千の由来

「一騎当千」は、もともと「一人当千(いちにんとうせん・ いちにんとうぜん)」という四字熟語から生じたとされています。

「一人当千」は「一騎当千」と同じ意味の四字熟語ですが、現在では「一騎当千」の方が有名になっています。

「いちにんとうせん」や「 いちにんとうぜん」では「一人当千」に漢字変換できず、かなりマイナーな四字熟語になっているので、認知度も低いでしょう。

一騎当千の類語

「一騎当千」の類語には次のような言葉があります。

  • 一人当千(いちにんとうせん・ いちにんとうぜん):一人で千人に相当するほど力があること。
  • 天下無双(てんかむそう):天下に並ぶものがないほど優れていること。
  • 百戦錬磨(ひゃくせんれんま):数々の戦いで鍛えられていること。
  • 万夫不当(ばんぷふとう):万人が当たってもかなわないほど強いこと。

一騎当千の使い方

  • 一騎当千の強者たちが、将軍を護衛している。
  • 一騎当千の戦闘機乗りが、敵機を次々と撃墜していく。
  • 一騎当千の弁護士が、 事務所の危機を救ってくれた。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。