一瞥の意味とは?

一瞥

「一瞥をくれる」などのように使う「一瞥」という言葉。
「いちべつ」と読みます。

「一瞥」は、かたい言葉なので日常会話ではあまり使われませんが、小説などの文章語としてはよく使われる言葉です。

この記事では「一瞥」の意味や使い方について、分かりやすく解説していきます。

正しい意味を理解して、適切に使えるようにしましょう。

スポンサーリンク

一瞥の意味

一瞥は「一目だけちらっと見ること」という意味の言葉です。

使われている漢字の「一」は「ひとつ」や「ちょっと」、「瞥」は「ちらっと見る」とういう意味を持ちます。
二つを合わせると「 一目だけちらっと見る」という意味になります。

何回もチラチラと見ることは「一瞥」とはいいません。

また「一瞥」は「何かを見下す」などのような悪い意味で使われることが多いですが、言葉としては特に良い意味も悪い意味も持ちません。
例えば「好きな人を気づかれないように一瞥する」と言えば、好意的な意味になりますし、「 無能な男を一瞥する」と言えば、悪い意味になります。
良い意味か悪い意味か、文脈を考慮して判断するようにしましょう。

一瞥の類語

一瞥の類語には次のようなことがあります。

  • チラ見(ちらみ):ちらっと見ること。
  • 打ち見(うちみ):ちらっと見たところ。
  • 一目(ひとめ):一度見ること。ただちょっと見ること。
  • 一見(いっけん):一度だけざっと見ること。

一瞥の使い方

  • 一瞥しただけで何も話さなかった。
  • 容疑者たちに鋭い一瞥を投げてから語りだす探偵。
  • 一瞥もくれずにその場を去る。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。