偉大の意味とは?類語や対義語も解説

偉大

「偉大な人物」などのように使う「偉大」という言葉。
読み方は「いだい」です。

よく耳にする言葉ですが、意味を何となく理解してる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「偉大」の意味や使い方などを解説していこうと思います。

正しい意味を理解して、適切に使いこなせるようにしましょう。

スポンサーリンク

偉大の意味

偉大(いだい)は「優れて大きいさま」「優れて立派なさま」という意味の言葉です。

「偉」は「優れていること」、「大」は「おおきい」という意味を持ちます。

「偉大な人物」で「優れて大きな人物」や「優れて立派な人物」という意味になります。

偉大の類語

偉大の類語には次のような言葉があります。

  • 立派(りっぱ):非常に優れていて堂々としていること。
  • 偉い(えらい):身分などが高い。普通よりもはるかに優れているさま。
  • 卓越(たくえつ):群を抜いて優れていること。

偉大の対義語

偉大の対義語には次の二つの言葉があります。

  • 凡庸(ぼんよう):平凡で優れた点がないこと。凡人。
  • 卑小(ひしょう):取るに足らないこと。ちっぽけでくだらないこと。

偉大の使い方

  • 「神は偉大なり」と信者が叫んだ。
  • この研究が如何に偉大なものかを理解してもらいたい。
  • 彼の偉大さは筆舌に尽くしがたいものがある。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。