基本の意味や基礎・原則との違いとは?対義語も解説

基本

「基本と応用」などのように使う「基本(きほん)」という言葉。

よく使う言葉ですが、意味を説明しようとすると意外と難しいかもしれません。

また、類語も多いため、使い分けに悩むこともあると思います。

そこで、この記事では「基本」の意味や使い方のほか、「基礎」や「原則」などの類語との違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

基本の意味

基本は「物事が成り立つための拠り所となるもの」という意味の言葉です。
簡単に言えば「物事の中心となるもの」です。

例えば、数学などの初歩的な問題は「基本問題」、それで得た知識を使って解く問題を「応用問題」と言います。
まずは基本(中心となるもの)を学習し、それをもとにして様々な応用問題を解いていきます。

このような物事の中心となるようなものを「基本」と言います。

基本の対義語

基本の対義語は「応用」です。

応用は「すでに得た知識を、具体的な事柄に当てはめて用いること」という意味の言葉です。

基本をもとにして、具体的に適用するのが「応用」です。

基本と基礎の違い

基礎は「物事を成り立たせる大もとの部分」という意味の言葉です。

基本は「中心」、基礎は「土台」というニュアンスの違いがありますが、両者はほぼ同じ意味の言葉です。
「基本を身につける」と「基礎を身につける」では、どちらも同じ意味になります。

英語では、どちらも「ベーシック(basic)」です。

基本と原則の違い

原則は「多くの場合に適用される基本的な決まり」という意味の言葉です。
意味の説明に「基本」という言葉が含まれていますが、原則はあくまでも「ルール」のことです。
「物事の中心となるもの」が「基本」で、「 基本となるルール」が「原則」です。
「基本」と「原則」は、明確に違うので区別するようにしましょう。

基本の使い方

  • 基本的人権は必ず守られるべきものである。
  • 基本的な問題が理解されていない。
  • 基本に忠実な動き。
  • 物理の基本を学ぶ。

などのように使います。
基本は「基本的」という使い方が多く見られます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。