イーブン(even)の意味とは?

日本にいても一度は耳にしたことがある「イーブン」という言葉。
「イーブン」は、英語に由来するカタカナ語です。

「イーブン」は、特にスポーツの分野でよく使われる言葉ですが、それ以外の分野でも使います。
色々な分野で使われる言葉なので意味を理解しておきましょう。

この記事では「イーブン」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

イーブンの意味

イーブンは「五分五分の状態」という意味の言葉です。
五分五分(ごぶごぶ)は「互いに優劣がないこと」という意味の言葉。

「イーブン」は、特にスポーツなどで「同点」や「引き分け」という意味で使われます。

スポーツ以外では「貸し借りなしのイーブンな関係」などのように「平等」というような意味でも使います。

もともと「even」は「平らな」という意味を持つ英単語です。
ここから「イーブン」は「2つの物事の関係が平らなこと」と理解しても分かりやすいでしょう。

イーブンの使い方

  • この試合に勝って対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻した。
  • 私と彼は二人とも仕事を持っているし、イーブンな関係だと思う。
  • 最終スコアはイーブンパーで優勝した。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。