アンビシャスの意味とは?

クラーク博士の名言「ボーイズビーアンビシャス」で馴染みのある「アンビシャス(ambitious)」という言葉。

「アンビシャス」は英語に由来する外来語で、日本では企業名や楽曲名などとして用いることが多いです。

この記事では「アンビシャス」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
「アンビシャス」は、意味を知っているとちょっとカッコイイ言葉なので、正しく理解しておきましょう。

スポンサーリンク

アンビシャスの意味

アンビシャスは「大志を抱いているさま」という意味の言葉です。
大志とは「遠い未来に対する大きな希望」を意味する言葉。

ですので「アンビシャス」は、比較的若い人に対して使うことが多いです。
「ビーアンビシャス」で「大志を抱け」、「ボーイズビーアンビシャス」で「少年よ大志を抱け」という意味になります。

日本では、「○○アンビシャス」などのように企業名として使われたり、楽曲名として使われたりすることが多いです。
「アンビシャス」は「大志を抱いているさま」という意味の言葉ですから、これから成長していく若い企業などに向いている名前だといえるでしょう。

ちなみに札幌には、新興企業向けの「アンビシャス」という証券市場があります。

アンビシャスの使い方

  • 株式会社アンビシャスに入社する。
  • SuperflyのAmbitiousをカラオケで歌う。
  • 校長先生が「ボーイズビーアンビシャス、少年よ大志を抱け」と挨拶を締めくくった。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。