アンドロイドの意味とは?

スマホを使っているとよく耳にする「アンドロイド」という言葉。

もともと別のことを意味する言葉ですが、最近ではスマホ関連で使われることの方が多いです。

デジタルネイティブの若い人は、もともとの意味をご存じない方もいらっしゃるかもしれませんね。

この記事では「アンドロイド」 の意味や使い方のほか、その語源についても解説していきます。

スポンサーリンク

アンドロイドの意味

アンドロイドは「Google のスマートフォン向け OS(オペレーティングシステム) の名前」です。
英語で「 Android」 と表記されることも多いです。

OS とは基本ソフトのことであり、パソコンで言うところの Windows などのことです。
デバイスを機能させるための土台となるソフトのことですね。
OSが入ってないとアプリケーションソフトも機能しません。

スマホ向けの OS には二大勢力があり、一つは Google のアンドロイド、 もう一つがAppleの iOS です。

以上が現在よく使われる「アンドロイド」の意味です。
ここからはその語源についてご紹介します。

アンドロイドの語源

アンドロイドはもともと「人造人間」という意味の言葉です。
外見や思考が人間とそっくりのロボットを意味します。

言葉の語源は古代ギリシャ語の「男性」と「そっくり」を意味する言葉を組み合わせた造語です。

Google の「アンドロイド」 は、開発者であるアンディ・ルービン氏が、人に近い存在になってほしいという願いを込めて命名したとされています。

アンドロイドの使い方

  • iPhoneも捨てがたいが、アンドロイドスマホを購入することにした。
  • Android を最新のものにアップデートした。
  • アンドロイドが活躍するSF 作品。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。