「あまねく」の意味とは?漢字も解説

「世の中にあまねく知れ渡る」などのように使う「あまねく」という言葉。

日常会話ではあまり使われませんが、書籍などの文章では割とよく目にする言葉です。

「あまねく」は、漢字表記されることもありますが、ひらがな表記されることが多いです。
しかし、漢字の意味を知ることでより理解も深まると思います。

そこで、この記事では「あまねく」の意味や使い方の他、使われている漢字の意味についても解説していきます。

スポンサーリンク

あまねくの意味

「あまねく」は「すみずみまでもれなく行き渡るさま」という意味の言葉です。

「世の中にあまねく知れ渡る」で「世の中のすみずみまでもれなく知れ渡る」という意味になります。
しかし、実際にそのようなことは不可能ですから、この場合は「そのくらいよく知られている」という比喩的な意味だと理解すると良いでしょう。

「あまねく」は副詞で、「あまねし」が形容詞形です。
ただし、「あまねし」は古い言葉なので、現在ではあまり使いません。

あまねくの漢字

「あまねく」は漢字で「遍く」または「普く」と書きます。
「遍」も「普」も「もれなく行き渡る」という意味を持つ漢字です。
これらの漢字を合わせた「普遍(ふへん)」という二字熟語も「もれなく行き渡る」という意味。

「あまねく」「遍く」「普く」「普遍」は表現が異なるだけで、いずれも同じ意味の言葉です。

あまねくの使い方

  • 秀吉の名はあまねく天下に知れ渡った。
  • 太陽が地上をあまねく照らしている。
  • 地球にはあまねく生命が存在している。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。