アマチュアの意味とは?

「アマチュア無線」や「アマチュアレスリング」などのように「アマチュア○○」と、複合語として用いることが多い「アマチュア(amateur)」という言葉。
「アマ」と略すことも多いです。

「アマチュア」は、英語が由来のカタカナ語ですが日本でもよく使われます。
しかし、正確な意味を理解している人は意外に少ないかもしれません。

「アマチュア」の意味を聞かれた時に正しく説明できるように、正確な意味を知っておきましょう。

スポンサーリンク

アマチュアの意味

「アマチュア(amateur)」は、「学問・芸術・スポーツなどを趣味として愛好する人」という意味の言葉です。
それを職業としてお金を稼ぐためにやっていない人のことです。

「アマチュア」は、和訳では「愛好家」「素人」などと訳されます。

「アマチュア」の語源はラテン語で「愛する人」を意味する「amator(アマートル)」という言葉。
元々の語源からすると「愛好家」という和訳がしっくりきますが、現在では「素人」という意味でもよく使います。
「素人」には「未熟な人」という意味が含まれるので、この意味で使うと、やや侮蔑的な表現になります。

アマチュアの対義語

「アマチュア」の対義語は「プロフェッショナル(professional)」。

「プロフェッショナル」は「あることを生計の手段として職業にしている人」という意味の言葉です。

アマチュアの使い方

  • 僕の趣味はアマチュア無線です。
  • アマチュアレスリングを略してアマレスと言う。
  • アマチュアのくせに生意気だ。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。