アベニューの意味とは?ストリートとの違い

通りの名前に使われたりする「アベニュー(avenue)」という言葉。

おしゃれな雰囲気の言葉なので、意味を知っているとカッコいいかもしれません。

この記事では「アベニュー」の意味や使い方の他、似た言葉の「ストリート(street)」との違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

アベニューの意味

アベニュー(avenue)は「大通り」「並木道」という意味の言葉です。

アベニューはフランス語っぽいですが英語です。
フランス語では綴りは同じですが「アヴニュー」と発音します 。

アベニューは、一般的に「並木がある大きな通り」を指すことが多いです。

アベニューとストリートの違い

「アベニュー(avenue)」と「ストリート(street)」は、ほとんど同じ意味の言葉ですが、若干違いがあります。

イギリスでは、車道と歩道があり街路樹が植えられているような大きな通りを「アベニュー」といい、それよりも狭い道路を「ストリート」といいます。

一方、アメリカでは二つの言葉に違いはありませんが、通りの名前として区別されることがあります。
東西に走る道は○○ストリート、南北に走る道は○○アベニューと区別して名付けられたりします。

アベニューの使い方

  • アベニュー沿いに軒を連ねるお店。
  • ワシントンアベニュー周辺のマンションを探す。
  • セントラルアベニューの交差点にある駅。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。