アフタヌーンの意味とは?

「アフタヌーンティー」などのように使う「アフタヌーン(afternoon)」という言葉。
「アフタヌーン」は英語ですが、日本にいても一度は耳にしたことがある言葉です。

意味を聞かれた時にちゃんと説明できるように、「アフタヌーン」の意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

アフタヌーンの意味

アフタヌーン(afternoon)は「午後」という意味の言葉です。

「after」は「後に」、「noon」は「正午」を意味します。
「afternoon」で「正午の後」つまり「午後」という意味になります。

また「アフタヌーン」は「アフタヌーンドレスの略」としても使われます。
「アフタヌーンドレス」は「女性の昼間用のドレス」のことです。
午後のお茶会や社交の場などで着用されます。

ちなみに「アフタヌーンティー」は「午後のお茶」という意味。
イギリス発祥の午後に紅茶とお菓子を楽しむ習慣のことです。

アフタヌーンの使い方

  • アフタヌーンティーを楽しむ。
  • アフタヌーンを着て、劇場へ出かける。
  • グッドアフタヌーン(こんにちわ)。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。