アフターの意味とは?

「アフターファイブ」や「アフターサービス」などのように使う「アフター(after)」という言葉。
日常的によく使う言葉であり、水商売などでも使います。

「アフター」は、英語に由来する外来語。
皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

この記事ではアフターの意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

アフターの意味

アフターは「あとの」や「のちの」という意味の言葉です。
他の言葉の前につけて複合語として用いることが多いです。

例えば「アフターファイブ」で「仕事が終わった後のプライベートな時間」という意味になります。
これは、一般的な就業時間が午後5時であることから作られた和製英語です。
海外では通じないので注意しましょう。

また、水商売では仕事が終わった後に、営業の一環としてお客さんと食事に行ったりすることなどを「アフター」と言います。

アフターの使い方

  • 製品のアフターサービスが完璧なメーカー。
  • アフターファイブは飲みに行くことが多い。
  • アフターは正直言ってめんどくさい。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。