アパレルの意味とは?

「アパレル産業」や「アパレルメーカー」などのように使う「アパレル(apparel)」という言葉。
英語に由来するカタカナ語ですが、英語とは多少異なる意味で使う場合もあります。

アパレル業界に入ろうと思っている方は、英語との違いなどについても正しく理解しておいた方が良いでしょう。

この記事ではアパレルの意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

アパレルの意味

アパレル(apparel)は「衣服」という意味の言葉です。
「アパレルメーカー」で「衣料品メーカー」という意味になります。

カタカナ語ではアパレルメーカーやアパレル業界などを略して「アパレル」ということも多いです。

英語の「apparel」は、「衣服」という意味の他に「着せる」という動詞で使うこともあります。
注意しなくてはいけないのは、英語では「アパレルメーカー」や「アパレル業界」などの略語としては使わないという点です。
カタカナ語とは少し使い方が異なるので、海外でアパレルと言う際は注意しましょう。

アパレルの語源

アパレルは英語の古語に由来しますが、もともとはフランス語で「衣服を着せる」という意味の「appreiller」が語源です。

さらに遡ると、ラテン語で「用意する」を意味する「apparare」が語源とされています。

アパレルの使い方

  • 新しいアパレルブランドを立ち上げる。
  • 憧れのアパレル会社へ入社することになった。
  • 将来はアパレル関係の仕事に就きたいと思っている。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。