艶やかの意味とは?

艶やか

「艶やか」は、女性を形容する時によく使われる言葉ですが、読み方が二通りあります。

それぞれの読み方によって意味が異なるので、 混乱しないようにしましょう。

この記事では「艶やか」の読み方とそれぞれの意味について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

艶やかの読み方と意味

「艶やか」の読み方は「あでやか」または「つややか」です。
それぞれに意味が異なります。

「あでやか」と読む場合は「美しく華やかなさま 」や「なまめかしいさま」という意味になります。
主に女性の容姿を褒める場合に使います。

「つややか」と読む場合は「つやがあって美しいさま」という意味になります。
これも女性の容姿を形容することが多い言葉ですが、女性以外に対しても使います。
例えば「艶やかに磨き上げられた石」などのように使います。

「あでやか」と「つややか」の違い

「あでやか」も「つややか」も主に女性に対して使いますが、 「あでやか」は、女性の全体的な容姿を形容するのに対して、「つややか」は一部分を形容することが多いです。
具体的には「あでやかな姿」「あでやかな笑み」などのように使うのに対して、「つややかな肌」「つややかな髪」などのように使います。

艶やかの使い方

  • 艶やか(あでやか)な衣装を身にまとう。
  • 艶やか(あでやか)な微笑みが印象的な女性。
  • 白い肌が艶やか(つややか)で、実年齢より若く見える。
  • 陽の光を受けた葉が艶やか(つややか)に輝いている。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。