アップデートの意味とは?アップロードとの違い

パソコンやスマホを使っているとよく目にする「アップデート(update)」という言葉。

「アップデート」はインターネット時代に必須の言葉です。
意味を知らないとウイルスに感染するなどの被害にあってしまうかもしれませんので、正しく理解しておきましょう。

また、似た言葉の「アップロード(upload)」と勘違いしている方もたまにいらっしゃるので、合わせて解説していきます。

スポンサーリンク

アップデートの意味

アップデートは「データやソフトウェアなどをより新しいものに変更すること」という意味の言葉です。
「データの更新」や「ソフトウェアの更新」などの文言を見たことがあると思いますが、それと同じことです。

アップデートすることにより、 製品の機能の向上や不具合の修正などができます。
アップデートを怠ると、パソコンやスマホに不具合が生じたり、ウイルスが感染するなどのリスクが高まるので、注意しましょう。

ちなみに、「アップデート」は小規模な更新を指し、より大規模な更新は「アップグレード(upgrade)」と言います。

また、似た言葉の「アップロード(upload)」は「データをサーバーに送ること」という意味の言葉です。
例えば、パソコンやスマホに保存している動画を、 YouTube のサーバーに送ることなどをいいます。
「ダウンロード」の反対語と理解すると分かりやすいでしょう。

アップデートの使い方

  • スマホのアプリをアップデートする。
  • ソフトウェアの不具合を修正するためにアップデートが行われた。
  • 機能拡張のためにアップデートプログラムをインストールする。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。