アットホームの意味とは?

「アットホームな雰囲気」などのように使う「アットホーム」という言葉。
良い意味の言葉なので企業名やドラマのタイトルなどにも使われます。

「アットホーム」は、英語が由来のカタカナ語ですが、 使い方が英語とは少し異なるので混乱しないようにしましょう。

この記事では「アットホーム」の意味や英語との違いなどについて解説していきます。

スポンサーリンク

アットホームの意味

アットホームは「家にいる時のようにくつろいださま」という意味の言葉です。

例えば、社員みんなが仲良く、和気あいあいとしてリラックスした雰囲気の職場を「アットホームな雰囲気の職場」と言ったりします。

アットホームは英語では「 at home」です。
「 at 」は「~で」、「home」は「家」を意味します。
「 at home」を直訳すると「家で」となり、英語では主にこの意味で使います。

一方、カタカナ語の「アットホーム」は「家にいる時のようにくつろいださま」という意味で使われることがほとんどです。
英語では、この意味で使われることは少ないので混乱しないようにしましょう。

アットホームの使い方

  • 小じんまりしたお店を会場にしたアットホームな結婚式。
  • バイト仲間はアットホームでフレンドリーな人が多い。
  • 明るくてアットホームな雰囲気の職場。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。