青二才の意味とは?

「この青二才が!」などのように使う「青二才(あおにさい)」という言葉。
あまり良い意味の言葉ではありませんが、自分のことを謙遜して言うこともできます。

この記事では「青二才」の意味や使い方をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

青二才の意味

青二才は「若くて経験の浅い男」を意味する言葉で、相手をあざけって言う言葉です。

「青二才」は良い意味の言葉ではないため、 あまり他人には使わない方が良いでしょう。
ただし「私はまだ青二才なもので…」などのように、自分を謙遜して言うこともできます。

「青」には「未熟」という意味があり、「青瓢箪(あおびょうたん)」や「青臭い(あおくさい)」などの言葉でも「未熟」という意味で使われています。

「二才」は、ボラなどの稚魚を「二才魚 (にさいぎょ)」と呼ぶところから、若い男を稚魚に喩えたとする説と、「新背(にいせ)」が由来とする説があります。

一般的に有力なのは「二才魚」の説です。

青二才の使い方

  • お前のような青二才が何を言うか!
  • 青二才の分際で批評するとは片腹痛い。
  • 私のような青二才しか頼れないとは気の毒だ。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。