青写真の意味とは?

「青写真を描く」などのように使う「青写真(あおじゃしん)」という言葉。

なんとなく意味をわかっていても、なぜ青写真というのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

語源を知ることで「青写真」の意味もより深く理解できると思いますので、元々の意味も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

青写真の意味

「青写真」は複写技術の一つであり、「青地に白の図柄が出るもの」を言います。
これは工作図面の複写や設計図に用いられました。
これが青写真の元々の意味です。

ここから転じて、「青写真」は「大まかな計画」「未来の構想」という意味で使われるようになりました。
青写真が設計図に用いられていたことから、この意味が生じたとされています。

現在では複写技術の発達により、青写真は実務としてはほとんど利用されなくなってます。
そのため青写真は、現在では「大まかな計画」や「未来の構想」という意味で使われることがほとんどです。

青写真の使い方

  • 将来の青写真は、すでに頭の中で出来上がっている。
  • 誰にも言っていないが、密かに事業計画の青写真を描いている。
  • 事務所に青写真が保管されている。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。