隘路の意味とは?

隘路

見慣れない漢字が使われている「隘路(あいろ)」という言葉。

「隘」という漢字の意味を知れば、「 隘路」の意味も理解しやすいでしょう。

この記事では「隘路」の意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

隘路の意味

「隘路」は「狭く険しい道」という意味の言葉です。
単に狭い道ではなく、狭くて通行が困難な道を意味します。

「隘」は「狭い」や「険しい」、「路」は「道」を意味する漢字です。

転じて「隘路」は「物事を進める上で障害となること」という意味でも使われます。
「販売の隘路を切り開く」というような場合はこの意味です。

「隘路」は少し難しい言葉なので、日常会話で使う場合は、単に「狭くて険しい道」や「難点」や「ボトルネック」などの言葉を使った方が通じやすいでしょう。

隘路の使い方

  • どこにも逃げ場がない隘路に追い込まれた。
  • 山間の隘路で立ち往生する。
  • 予算が隘路となって、プロジェクトが頓挫した。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。